矯正治療のコンセプト

おいしく
  • きれいな歯ならびはみんなが望むことです。でも、見た目だけでなく、食べ物を良く噛めないとか、発音が悪いとかも問題です。また、歯が重なっているところは歯磨きしにくいので虫歯や歯周病にもなりやすいです。さらに、噛み合わせがズレていると顎関節症の原因となることもあり、歯並びと健康とは密接にかかわっています。
  • いつまでも自分の歯でおいしく噛むためには正しい噛み合わせを維持することが大切です。
bar
子供のあご
  • 最近の子供は顎(あご)が細くて、歯が大きい傾向にあります。そのため歯が並びきれないことがよく指摘されています。また、乳歯が虫歯などで早く抜けてしまった場合には永久歯が正しい位置にはえてこないこともあります。それから、顔や顎の成長期に指しゃぶりや口呼吸などの口元の悪いくせが続くことによっても顎の成長が変化することもわかってきました。
  • 指しゃぶりなどの習癖は幼稚園ぐらいにはやめさせておくべきでしょう。また、鼻炎や扁桃炎などで日頃から口で呼吸しているようであれば耳鼻咽喉科にも相談しなければならないことがあります。
bar
おとなも
  • 最近では大人になってから矯正治療する人がめずらしくなくなりました。矯正装置を着けることは勇気の要ることかもしれませんが、部分的な矯正治療でもできることがあります。
  • 口元を気にしながら笑うことをやめて思いっきり笑いたいと願うのはとても自然なことです。矯正治療後の充実感を期待しましょう。
bar
早めの相談
  • いつから矯正治療を始めるかは、患者さんによって歯並びや噛み合わせの状態が違うのでよく調べる必要があります。前歯のちょっとした凹凸は早く治療した方が簡単なときもあります。しかし、顎の成長に注意するべき患者さんでは顎の成長とのタイミングを選んで治療時期や治療方法を検討しなければならないことがあります。かかりつけの歯科医や矯正専門医のアドバイスを受けることが大切です。
  • 十数年前から学校歯科検診でも不正咬合と顎関節症を調べるようになりました。これは、不正咬合が子供の成長発育と関連することがわかってきたからです。学校歯科検診で不正咬合について指摘を受けた場合には、現状についての説明や矯正治療の方法、開始時期、費用など早めに相談されることをおすすめします。